本ドキュメントついて

NECとさくらインターネットは、2018年3月からデータ流通システムの実証実験を共同で実施しております。本ドキュメントは、実証実験の参加者の方に、FIWAREベースの実証実験システムの機能および使用方法を説明するものです。

実証実験システムの全体像

データ流通実証実験のシステムは次のようなGUIとAPIのインタフェースを持っています。これにアクセスすることで様々な機能を利用できます。

GUI (グラフィカル・ユーザ・インタフェース)

GUI 説明
ID管理 利用者のIDを管理しています。ここからログインすることができます。
データマーケットプレイス データの売買を行うサイトです。利用したいデータがあれば、こちらで購入できます。また、データを販売することもできます。
CKAN 購入可能なデータや購入したデータの一覧や詳細を確認できます。
WireCloud データの可視化機能です

API

API 説明
FIWARE NGSIv2 API アプリが本実証環境のコンテキストデータにアクセスするためのAPI
STH-Comet API アプリが本実証環境の短期履歴コンテキストデータにアクセスするためのAPI
IoT Agent API IoTデバイスが本実証環境にアクセスするためのAPI

ハンズオン(2019年9月)

ドキュメント

サンプルデータ

関連情報、リンク集

実証実験環境

FIWARE Step-by-Step Tutorial

FIWAREのチュートリアルのドキュメントと関連情報のリポジトリです。

FIWARE Slideshare

FIWAREに関するスライドです。

FIWARE Webinars

FIWAREのビデオ・プレゼンテーションです。

FIWARE Academy

FIWARE データモデルのドキュメント

FIWARE Genric Enablerのドキュメント

FIWARE Generic Enablerのドキュメントです。

FIWARE Generic Enablerのソースコード

FIWARE Generic Enablerのソースコードのリポジトリです。


© NEC Corporation 2019-2021