データ変換処理の概要

変換プログラムがCSVからNGSIデータにデータを変換する際に、 プログラム内では大きく、

  • 属性ビルダ
  • 入力パラメータ

という仕組みを使用します。

属性ビルダ

NGSIデータの属性を生成するための仕組みです。 引数を与えてビルダを実行すると、JSON形式の出力が得られます。

入力パラメータ

属性ビルダに与える引数を生成します。 CSVデータの取得や、固定値の生成に使用します。

以下のような流れでCSVからNGSIデータに変換します。

上記の変換の流れを定義化したものが以下になります。

  • "type"が属性ビルダ
  • "params"が入力パラメータ
attributes:

  - name: source
    type: Url
    params:
      - name: url
        values:
          - type: Const
            value: https://~~~
        subs: {}
    metadata: []

  - name: name
    type: Text
    params:
      - name: text
        values:
          - type: Column
            value: 施設名称
        subs:
          regexp: ""
    metadata: []

  - name: foundingDate
    type: Date
    params:
      - name: date
        values:
          - type: Column
            value: 許可年月日
        subs:
          format: ""
          timezone: ""
    metadata: []

各項目ごとの説明は、以下の通りです。

yaml 説明
name: source 属性名:source
type: Url ビルダ:Url
params:
name: url パラメータ名:url
values:
type: Const 固定値で入力
value: https://~~~ 固定値
subs: {} 属性固有パラメータ
metadata: [] メタデータ
name: name 属性名:name
type: Text ビルダ:Text
params:
name: text パラメータ名
values:
type: Column CSVから入力
value: 施設名称 カラム名:施設名称
subs: 属性固有パラメータ
regexp: "" 正規表現
metadata: [] メタデータ
name: foundingDate 属性名:foundingDate
type: Date ビルダ:Date
params:
name: date パラメータ名:date
values:
type: Column CSVから入力
value: 許可年月日 カラム名:許可年月日
subs: 属性固有パラメータ
format: "" 日付フォーマット
timezone: "" タイムゾーン
metadata: [] メタデータ


© NEC Corporation 2019-2021